×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2014年に続き、2015年も東京は有望な不動産投資先

日本タグ:  

LINEで送る
Pocket

2014年に続き、2015年も東京は有望な不動産投資先

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)とアーバンランド・インスティテュート(ULI)による不動産動向調査報告書「不動産の新しい動向・アジア太平洋2015年版」によると、日本が2014年に続きアジア太平洋地域全体で最も有望な投資先とのことです。

アベノミクスという大型景気刺激策の導入から 2 年後、2015 年版調査で東京は投資見通しで再び1位となり、また開発見通しでも1位にランクされています。

東京は、「住宅」「オフィス」「商業施設」「ホテル」の各セクターで「買い推奨1位」となっており、日本が大規模な景気刺激策を継続する限り、東京は不動産投資家を惹き付ける大きな力を持ち続ける、とされています。

また、東京の魅力は不動産価格の上昇が見込まれるだけでなく、少なくとも現在のところ、認知されたリスクが低水準にあるとともに、レバード・リターン(レバレッジを効かせた利回り)も他のアジア市場に優るとも劣らないという特徴を備えたゲートウェイ都市というステータスも魅力の源泉である、とされています。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2015
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-knowledge/archive/assets/pdf/emerging-trends-real-estate2015.pdf

人気記事

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

IMF世界経済見通しの改訂

不動産投資ニュース

IMF世界経済見通しの改訂

1月16日にIMFの世界経済見通しが改訂されました。アメリカの新政権の政策スタン ...

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

カンボジア

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

2月15日にカンボジアのトイ・チャンコサル公共事業運輸省長官と末松国土交通副大臣 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ