×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2014年に続き、2015年も東京は有望な不動産投資先

日本タグ:  

LINEで送る
Pocket

2014年に続き、2015年も東京は有望な不動産投資先

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)とアーバンランド・インスティテュート(ULI)による不動産動向調査報告書「不動産の新しい動向・アジア太平洋2015年版」によると、日本が2014年に続きアジア太平洋地域全体で最も有望な投資先とのことです。

アベノミクスという大型景気刺激策の導入から 2 年後、2015 年版調査で東京は投資見通しで再び1位となり、また開発見通しでも1位にランクされています。

東京は、「住宅」「オフィス」「商業施設」「ホテル」の各セクターで「買い推奨1位」となっており、日本が大規模な景気刺激策を継続する限り、東京は不動産投資家を惹き付ける大きな力を持ち続ける、とされています。

また、東京の魅力は不動産価格の上昇が見込まれるだけでなく、少なくとも現在のところ、認知されたリスクが低水準にあるとともに、レバード・リターン(レバレッジを効かせた利回り)も他のアジア市場に優るとも劣らないという特徴を備えたゲートウェイ都市というステータスも魅力の源泉である、とされています。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2015
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-knowledge/archive/assets/pdf/emerging-trends-real-estate2015.pdf

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

第6回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第6回 世界の資産運用フェア

2017年8月26日(土) に大手町サンケイプラザで「第6回 世界の資産運用フェ ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ