×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

東京都江東区の人口が50万人を突破

日本タグ:            

LINEで送る
Pocket

東京都江東区の人口が50万人を突破

不動産サイト健美家によれば、東京都江東区の人口が、2015年6月12日には50万人を突破したとのことです。

江東区は1947年に旧深川区、旧城東区が合併して誕生して発足した東京東部の区。

戦前は合わせて40万人を超す人口だったが、東京大空襲で大きな被害を受け、1945年の11月には2万5000人余まで人口減少していました。合併時の人口も9万6000人余と現在の約5分の1程度でした。

1957年には30万人を超え、1960年代から70年代にかけては工場跡地へのマンション建設に伴い、35~37万人まで人口が増加。

1988年~97年のバブル期には地価高騰で再び減少したものの、1998年から再び増加を始め、2002年には40万人を突破。2008年に45万人を超え、2015年6月12日に50万33人になりました。

地区別にみると、マンション建設の多い南部地域の人口増が著しいそうで、特に豊洲地区ではここ10年で4万8000人弱の増加。増加率は75.7%に達しています。

23区で人口が多いのは世田谷区、練馬区、大田区、足立区、江戸川区、杉並区、板橋区といった順番になっており(2015年4月1日現在)となっており、江東区は現状第8位ですが、将来板橋区を抜く可能性も出てきました。

参考:健美家(2015年6月22日)
https://www.kenbiya.com/news/555/

内藤忍
内藤 忍

株式会社資産デザイン研究所 代表取締役 SHINOBY`S BAR 銀座オーナー 東京大学経済学部卒、MITスローン・スクール卒(MBA)。マネックス証券の創業に参加。2012年から現職。著作は30冊以上。早稲田、明治大学などの講師を務める。

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ