×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

都心6区の中古マンション 価格上昇が一服

日本タグ:            

LINEで送る
Pocket

都心6区の中古マンション 価格上昇が一服

不動産調査会社の東京カンテイが発表した2015年5月の「三大都市圏・主要都市別/中古マンション70平米価格月別推移」によると、中古マンション平均価格(70平方メートル換算)が、首都圏では9ヶ月連続で上昇し、前月比で1%増の2998万円となり、3000万円目前に迫っています。

また、東京23区においては、前月比0.9%増の4060万円となり、11ヶ月連続で上昇しています。

最近の新築マンション価格の上昇に伴い、割安感のある中古物件への引き合いが強くなっているようです。

東京カンテイによると、新築マンションの平均価格は、平均年収の10倍を超えており、一般的には年収の6倍程度が適正水準とされる中、新築マンションを購入できない人が増えているとの事です。

中古マンションの価格上昇をけん引してきた都心6区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、渋谷区)では、前月比マイナス0.1%の6487万円と上昇が一服してはいますが、依然として高水準であることには変わりなく、住宅価格が上昇し「ミニバブル」と呼ばれた2007年頃の水準を既に上回りつつあり、過熱感も一部で指摘されています。

スクリーンショット 2015-06-29 11.30.35

参考:東京カンテイ プレスリリース
「2015年5月 三大都市圏・主要都市別/中古マンション70平米価格月別推移」(2015年6月22日)
http://www.kantei.ne.jp/release/PDFs/c201505.pdf

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

第6回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第6回 世界の資産運用フェア

2017年8月26日(土) に大手町サンケイプラザで「第6回 世界の資産運用フェ ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ