×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

都心6区の中古マンション 価格上昇が一服

日本タグ:            

LINEで送る
Pocket

都心6区の中古マンション 価格上昇が一服

不動産調査会社の東京カンテイが発表した2015年5月の「三大都市圏・主要都市別/中古マンション70平米価格月別推移」によると、中古マンション平均価格(70平方メートル換算)が、首都圏では9ヶ月連続で上昇し、前月比で1%増の2998万円となり、3000万円目前に迫っています。

また、東京23区においては、前月比0.9%増の4060万円となり、11ヶ月連続で上昇しています。

最近の新築マンション価格の上昇に伴い、割安感のある中古物件への引き合いが強くなっているようです。

東京カンテイによると、新築マンションの平均価格は、平均年収の10倍を超えており、一般的には年収の6倍程度が適正水準とされる中、新築マンションを購入できない人が増えているとの事です。

中古マンションの価格上昇をけん引してきた都心6区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、渋谷区)では、前月比マイナス0.1%の6487万円と上昇が一服してはいますが、依然として高水準であることには変わりなく、住宅価格が上昇し「ミニバブル」と呼ばれた2007年頃の水準を既に上回りつつあり、過熱感も一部で指摘されています。

スクリーンショット 2015-06-29 11.30.35

参考:東京カンテイ プレスリリース
「2015年5月 三大都市圏・主要都市別/中古マンション70平米価格月別推移」(2015年6月22日)
http://www.kantei.ne.jp/release/PDFs/c201505.pdf

人気記事

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

IMF世界経済見通しの改訂

不動産投資ニュース

IMF世界経済見通しの改訂

1月16日にIMFの世界経済見通しが改訂されました。アメリカの新政権の政策スタン ...

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

カンボジア

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

2月15日にカンボジアのトイ・チャンコサル公共事業運輸省長官と末松国土交通副大臣 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ