×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2015年上期新築マンション販売価格 7年ぶりに都区部が6000万円台回復

日本タグ:      

LINEで送る
Pocket

2015年上期新築マンション販売価格 7年ぶりに都区部が6000万円台回復

不動産経済研究所の調査によると、2015年上期(1月から6月)の首都圏での新築マンションの平均販売価格は、前年同期比で246万円(4.9%)アップの5256万円(平米単価74.8万円)となっています。
上期としては3年連続のアップとなっています。

特に都区部では前年同期比で5.9%アップの6231万円(平米単価92.3万円)と、7年ぶりに6000万円台を超えました。

ちなみに都区部では2008年上期の平均価格が6209万円でしたが、同年9月のリーマン・ショックで市況が冷え込み、新築価格は下落していました。

現在の価格上昇は、量的金融緩和による住宅ローンの低金利化と東京オリンピックに伴う需要増が要因となり、引き続き価格が下落する可能性は低いとされています。
尚、フラット35登録物件は1万7273戸と発売戸数の95.9%を占めています。

また、2015年上期の首都圏での新築マンションの販売戸数は、1万8018戸と前年同期比で7.1%の減少となり、東京全域では1万916戸(シェア60.6%)、東京都区部では8585戸(シェア47.4%)と、マンション市況は供給の減少が続いています。

今後の首都圏の販売戸数については、2015年間では前年の2014年並みと予測されています。

参考:不動産経済研究所 「首都圏マンション市場動向(2015年上期)」(2015年7月14日)
https://www.fudousankeizai.co.jp/share/mansion/210/s2015-16.pdf

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ