×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2015年9月 投資用一棟マンションの価格上昇が頭打ち

日本タグ:        

LINEで送る
Pocket

2015年9月 投資用一棟マンションの価格上昇が頭打ち

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家( けんびや )」を運営する健美家の全国投資市場動向調査によると、2015年9月は区分マンションとアパートの価格上昇に対して、一棟マンションの価格が下落し、価格上昇が頭打ちになったとの事です。

健美家は毎月、新規登録された全国の投資用不動産3種別(区分マンション、一棟アパート、一棟マンション)のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を集計し、最新の市場傾向として調査結果を発表しています。

今回の調査結果によりますと、2015年9月の区分マンションの価格は1440万円(前月比+3.6%、前年同月比+23.6%)で、表面利回りは8.14%となりました。
また一棟アパートの価格は5617万円(前月比+0.9%、前年同月比+12.4%)で、表面利回りは9.42%となっています。

一方、一棟マンションの価格については、1億4569万円(前月比▲2.8%、前年同月比+0.7%)と421万円下落し、2015年2月をピークに上げ止まり傾向となっているとの事です。

参考:健美家 ニュースリリース(201510月1日)
https://www.kenbiya.com/img/press/pre2015-10-01.pdf

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ