×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

フラット35 2016年5月に史上最低金利を更新

日本タグ:              

LINEで送る
Pocket

フラット35 2016年5月に史上最低金利を更新

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローンの「フラット35」(返済期間21年以上、融資率9割以下の場合)が、2016年5月に最低金利が1.08%と、史上最低金利を更新しました。

また一部の変動型の住宅ローン金利についても、引き続き低下しています。
例えばソニー銀行の2016年4月の変動型は融資率9割以下の場合の最低金利が0.499%となり、同行では初めて0.5%を下回りました。

日本銀行のマイナス金利政策に変化がない限り、住宅ローンの変動型金利は超低金利水準が続きそうです。

一方で、固定期間が10年以内の固定期間選択型の住宅ローンについては、都市銀行では前月の0.08%から4月には085%~0.9%へ軒並み上昇しています。

マイナス金利は銀行にとって収益が減る要因となるため、下がりすぎたローン金利が引き上げられたようです。

注目すべきは、住宅ローンの低金利競争で、ネット銀行に付いていけない地方銀行と信用金庫の一部が、収益物件向けアパートローンの融資にシフトする動きが出ているようです。

住宅金融支援機構 金利情報  2016年5月2日
【フラット35】お借入金利の推移
http://www.flat35.com/document/public/pdf/kinri_suii.pdf

人気記事

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

IMF世界経済見通しの改訂

不動産投資ニュース

IMF世界経済見通しの改訂

1月16日にIMFの世界経済見通しが改訂されました。アメリカの新政権の政策スタン ...

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

カンボジア

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

2月15日にカンボジアのトイ・チャンコサル公共事業運輸省長官と末松国土交通副大臣 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ