×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ラオス政府、日系中小企業専用の経済特区を認定

ラオスタグ:        

LINEで送る
Pocket

ラオス政府、日系中小企業専用の経済特区を認定

ラオス政府は南部の主要都市パクセの工業団地を、日本の中小企業専用の経済特区に認定しました。
経済特区内は法人税の免税期間を黒字化後10年間とし、タイなど周辺国が最長8年の法人免税を設けているのに対し、競争力を付けました。
日系製造業が多いタイで賃金上昇や人手不足から一部の生産工程を周辺国へ移す動きがある中、ラオスは魅力的な投資環境を整え、企業を惹きつけたい意向です。

経済特区の認定を受けたのは、ラオス企業のサワンTVSが手がけた工業団地で、段階的な開発を行っています。

第1期の7万平方メートルには、すでに創作着物のアンドウ(京都市下京区)やカツラメーカーのフェザー(大阪市城東区)が進出済みとなっており、土地は完売し、既存の企業も税制面の優遇を受けられる見込みです。

第2期の200万平方メートルについても、自動車用サブワイヤハーネスの大和産業(東京都大田区)や電源コイルの新電元工業が進出を決めており、売れ行きは堅調との事です。

経済特区に認定されたことで、今後、入居企業の増加が見込めることから、第3期450万平方メートルの立地調査も始まっています。

nkx20150806agac

参考:日刊工業新聞 中堅・中小ニュース(2015年8月6日)
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0620150806agac.html?news-t0806

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ