×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

S&P マレーシアの格付け「Aマイナス」を維持

マレーシアタグ:      

LINEで送る
Pocket

S&P マレーシアの格付け「Aマイナス」を維持

三大格付け機関の1つである「スタンダード&プアーズ(S&P)」は、マレーシアのソブリン債格付けを「Aマイナス(安定的)」として、継続すると発表致しました。

政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)を巡る政治的な疑惑や中国政府の政策、石油安などはマレーシア経済には大きく影響しておらず、これら最も影響が大きいと考えられた政治的リスクの影響は緩和しつつあるとの見解です。

マレーシア経済は今年2015年に引き続き2016年も、前年比4%以上の成長を続けると予想すると共に、アジア太平洋地域ではインド経済の発展が著しく、中国経済も今後数年間は6%の成長が見込まれると予測しています。

2015年12月の米国の金利引上げ(0.25%)の決定については、既に織り込み済みであり、市場の不安定さに繋がることはないとの見解を示しています。

参考:NEW STRAITS TIMES(2015年12月16日)
http://www.nst.com.my/news/2015/12/117535/malaysias-sovereign-rating-remains-unchanged-sps 

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ