×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

世界銀行 マレーシア経済成長予測を4.5%へ引上げ

マレーシアタグ:      

LINEで送る
Pocket

世界銀行 マレーシア経済成長予測を4.5%へ引上げ

世界銀行は2015年12月に、2016年のマレーシアの国内総生産(GDP)成長率見通しを、当初予測の4.2%から4.5%へと引き上げました。

マレーシアの輸出全体の約3割に当たる電機・電子産業分野の2015年10月の輸出額が前年同月比22.7%増と好調だったことから、輸出全体額が前年同月比16.7%増、前月比8.1%増と改善しており、2016年の経済成長率予測のさらなる引き上げも有り得るとのことです。

尚、マレーシアの2015年の成長率については4.7%と据置き、資源国であるマレーシアは原油価格の下落に伴い財政が悪化しており、2016年にかけても資源安の影響が続くとしています。

マレーシアが景気底上げに向けて輸出拡大や生産性向上を図るためには外国人労働者の活用が必要との見方を示しており、製造業や建設業などで非熟練労働者の受け入れを10%増加させれば、成長率を1.1%引き上げることができると分析しています。

参考:World Bank「Malaysia Economic Monitor, December 2015」
http://www.worldbank.org/en/country/malaysia/publication/malaysia-economic-monitor-december-2015-immigrant-labour

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ