×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2021年 東南アジア初の「ららぽーと」がクアラルンプールにオープン

マレーシアタグ:      

LINEで送る
Pocket

2021年 東南アジア初の「ららぽーと」がクアラルンプールにオープン

三井不動産はクアラルンプールの中心市街地「プドゥ刑務所跡地」の大規模複合開発プロジェクト「ブキビンタン・シティーセンター(BBCC)」内に、東南ジア初の「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーとクアラルンプール」を2021年にオープンすると発表致しました。

商業施設は地上5階、地下4階建て、店舗面積は8万㎡と、日本最大規模を誇る「ららぽーとTOKYO-BAY」(千葉県船橋市)の店舗面積(10万2000㎡)に迫る規模で、外食や雑貨、ファッションなど約300店舗が入り、マレーシア初のライフスタイル提案型のワンストップ商業施設を目指しています。

総事業費は450億円と、三井不動産が中国や台湾で運営するアウトレットモールの事業費を超え、日本の不動産会社による海外での商業開発で過去最大の事業投資となる予定です。

参考:三井不動産 ニュースリリース(2016年3月30日)
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2016/0330_01/

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

第6回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第6回 世界の資産運用フェア

2017年8月26日(土) に大手町サンケイプラザで「第6回 世界の資産運用フェ ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ