×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ロングステイ希望国 10年連続でマレーシアが1位

マレーシアタグ:      

LINEで送る
Pocket

ロングステイ希望国 10年連続でマレーシアが1位

ロングステイ財団が「ロングステイ希望国2015」を発表し、マレーシアが10年連続で1位に選出され、根強い人気が続いています。

マレーシアは、長期滞在査証「マレーシア・マイ・セカンドホームプログラム(MM2H)」制度の充実、気候、治安、医療水準に加え、ロングステイ希望国トップとしてのイメージの定着が評価されているとの事です。

また、10年前の2006年以来、ランキング上位は、マレーシア、タイ、ハワイ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国が入れ替わっていましたが、2005年には初めて5位にフィリピンがランクアップして参りました。
日本からのアクセスの良さと、移動手段の選択肢の多さ(LCC就航、地方空港からの直行便)が人気を集めているようです。

尚、当該ランキングは、2015年3月~12月までにロングステイ財団が主催・後援したイベント計155回、4880名(有効回答数:2054)の参加者を対象としたアンケートの回答をもとに集計されています。

large-5701f5646974f

参考:一般財団法人ロングステイ財団 プレスリリース(2016年4月7日)
「ロングステイ希望国2015」トップ10
http://www.longstay.or.jp/releaselist/entry-2005.html

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ