×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

マニラの経済リスクは世界4位

フィリピンタグ:        

LINEで送る
Pocket

マニラの経済リスクは世界4位

英保険ロイズは、都市の経済リスクに関する報告書『Lloyd’s City Risk Index(ロイズ都市リスク指数)2015~2025』で、経済リスクの高い都市にフィリピンの首都マニラを4位にランキングしました。

この報告書は、世界301の主要都市を対象に、暴風雨や地震、洪水、干ばつ、株式市場の暴落、流行病、石油ショックなど計18項目の人的脅威と自然の脅威によってリスクにさらされる国内総生産(GDP)を分析しています。
対象期間は、2015年~25年の10年間で、英ケンブリッジ大学経営大学院のリスク研究センターが行った調査に基づき分析されています。

報告書によると、マニラは18項目のリスクGDPを合計した額が1,010億9,000万ドル(約12兆250億円)に上り、全都市の中で4番目に高リスクな都市とされました。
ちなみに1位は台北(1,812億ドル)、2位は東京(1,532億8,000万ドル)、3位はソウル(1,035億ドル)、5位はニューヨーク(903億6,000万ドル)となっています。

18項目のうち、マニラは暴風雨によってリスクにさらされるGDPが606億6,000万米ドルと最も大きく、全体の6割を占めました。
世界301都市の中でマニラが高リスクだった項目は、暴風雨(2位)、火山の噴火(4位)、津波(6位)、地震(9位)となっています。

参考:Lloyd’s City Risk Index 2015-2025
http://www.lloyds.com/cityriskindex/

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ