×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

マニラ首都圏のオフィス需要 2018年に1.5倍へ拡大

フィリピンタグ:      

LINEで送る
Pocket

マニラ首都圏のオフィス需要  2018年に1.5倍へ拡大

フィリピンの大手不動産サービス会社のKMC―MAGグループが、四半期に1度発表する「アジアの都市レポート(Asian Cities Report) マニラ・オフィス」によると、マニラ首都圏のオフィス面積が、現在の370万平米から2018年までに570万平米へと、1.5倍に拡大する見込みとの事です。
ちなみに、このオフィス面積増加の半分が、ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)エリアにて供給される見通しとなっています。

近年において、毎年20%の売上規模で急成長するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業が、オフィス需要を牽引していると分析しています。
BPO産業が2014年に新たに占有していたオフィス面積43万平米に対して、2015年の新規占有面積は40万平米になる、引き続き強い需要が続いています。
報告書では、マニラ首都圏のオフィス賃料については、今後12カ月で5~7%上昇すると予測しています。

参考:Savills World Research「Asian Cities Report Manila Office」(2015年9月22日)
http://kmcmaggroup.com/media/503349/asian_cities_manila_office_2h_2015.pdf

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

言論プラットフォーム「アゴラ」とのコラボが実現したパネルディスカッション。Ses ...

> 人気記事をもっと見る

タグ