×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

マニラ首都圏のオフィス需要 2018年に1.5倍へ拡大

フィリピンタグ:      

LINEで送る
Pocket

マニラ首都圏のオフィス需要  2018年に1.5倍へ拡大

フィリピンの大手不動産サービス会社のKMC―MAGグループが、四半期に1度発表する「アジアの都市レポート(Asian Cities Report) マニラ・オフィス」によると、マニラ首都圏のオフィス面積が、現在の370万平米から2018年までに570万平米へと、1.5倍に拡大する見込みとの事です。
ちなみに、このオフィス面積増加の半分が、ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)エリアにて供給される見通しとなっています。

近年において、毎年20%の売上規模で急成長するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業が、オフィス需要を牽引していると分析しています。
BPO産業が2014年に新たに占有していたオフィス面積43万平米に対して、2015年の新規占有面積は40万平米になる、引き続き強い需要が続いています。
報告書では、マニラ首都圏のオフィス賃料については、今後12カ月で5~7%上昇すると予測しています。

参考:Savills World Research「Asian Cities Report Manila Office」(2015年9月22日)
http://kmcmaggroup.com/media/503349/asian_cities_manila_office_2h_2015.pdf

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ