×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

マニラ首都圏賃貸料 2016年末に5%下落予想

フィリピンタグ:      

LINEで送る
Pocket

マニラ首都圏賃貸料 2016年末に5%下落予想

不動産コンサルティング会社の「コリアーズ・インターナショナル(コリアーズ)」が、フィリピン・マニラ首都圏の不動産市場について、2015年第4四半期の動向、及び1年後の見通しを発表しました。

コリアーズが観察しているマニラ首都圏主要5エリアでは、2015年第1四半期に3つのコンドミニアム(合計1,581戸)が完成し、2015年の通年で6,209戸のコンドミニアムが供給されたとのことです。

住宅供給予測と在庫総数予測(単位:戸)
スクリーンショット 2016-03-18 7.04.10

マカティCBDの住宅空室率
スクリーンショット 2016-03-18 7.04.26

新規住宅の供給により、マカティCBDの全クラスの空室率が8.9%と前期比0.6%ポイント上昇する中、高級物件の空室率は5.9%と前期比1.5ポイントも上昇しています。
またフォート・ボニファシオ(BGC)でも全クラスの空室率は8.6%、高級物件の空室率は7.1%と共に前期を上回り、オルティガスセンターでは全クラスの空室率が10.4%と上昇しています。

家賃については、高級3ベッドルーム(BR)の平米当たり平均賃貸料で、ロックウェル・センターが前期比0.9%増の963ペソと最も高く、マカティCBDは前期比0.9%増の883ペソ、BGCは1.0%増の891ペソ、オルティガスセンターは1.2%増の506ペソでした。

2016年には過去最大の1万3,519戸もの住宅供給が予定されているため、2016年末の賃貸料は、マニラ首都圏全体で平均で5%下落すると予測しています。(マカティCBDは3.06%下落、BGCは2.81%下落、ロックウェル・センターは0.93%下落)

不動産価格については、マカティCBCは前期比0.2%増の10万6,000ペソ~19万6,000ペソ/平米、ロックウェル・センターは0.8%増の12万2,000ペソ~20万2,000ペソ/平米、BGCは0.4%増の11万5,000~18万5,000ペソ/平米と小幅な動きとなっており、1年後の2016年第4四半期末の不動産価格は全体的に下落すると予測しています。

コリアーズ・インターナショナル
参考:「4Q 2015 Philippine Research & Forecast Report」(2016年2月)
http://www.colliers.com/-/media/files/marketing%20reports/phil_knowledge_4q2015.pdf

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ