×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

S&P、フィリピン格付け「BBB」据え置き

フィリピンタグ:    

LINEで送る
Pocket

S&P、フィリピン格付け「BBB」据え置き

米系格付会社の「スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)」は2016年4月21日に、フィリピンの長期信用格付けを投資適格レベルである「BBB」に据え置く旨を発表しました。
世界的に経済の不透明感が強まっている中、フィリピンは財政健全化が進んでいることもあり、現状維持が妥当と判断されました。

S&Pによると、2016~2019年にかけてのフィリピンの財政赤字は、対国内総生産(GDP)比で1%程度と、低水準で推移すると予想されています。
他にも外貨準備も増えていることから、「外的経済ショック」にも十分対応できるとし、フィリピン経済は力強い個人消費と企業の健全な財務、雇用・所得の拡大、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からの母国への送金などに支えられ、引き続き好調な経済を維持する見込みと評価しています。

2016年5月の総選挙を経て誕生する新政権も、現アキノ政権の経済政策、財政健全化路線の継承が見込めることから、フィリピンの過去最高格付けである「BBB」が維持されました。

MANILA BULLETIN Online ビジネスニュース 2016年4月21日
http://www.mb.com.ph/sp-affirms-philippines-investment-grade-rating/

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ