×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

バンコク、2015年上期コンドミニアム販売が前年同期比72%増

タイタグ:          

LINEで送る
Pocket

バンコク、2015年上期コンドミニアム販売が前年同期比72%増

タイ・コンドミニアム協会の調査によると、2015年上期(1~6月期)のバンコク(郊外を含む)のコンドミニアム販売額は前年同期比71,8%増の1014億バーツ(約3590億円)に達したとの事です。
販売戸数は2万7800万戸で、同26,9%増となり、同国の高所得層の需要増に加え、タイ不動産市場の成長を見込んで国内外の投資家が購入しており、コンドミニアムの需要が高まっています。

需要拡大を受け、コンドミニアムの開発事業も加速しており、2015年上期に新規着工されたコンドミニアム事業は1458億バーツ規模に達し、前年同期から170%増加しています。

一方で同協会は、投資目的の購入者が増加してくると、物件の引き渡しまでに転売できず未入居物件が増え、供給過剰になる恐れが出てくることを懸念しています。
その為、開発が加速するなか、物件の引き渡しが増える2017年以降を憂慮し、リスク軽減のため、開発業者に対し、特に高級物件の購入者への信用調査を徹底すべきとの見解を示しています。

 参考:SankieBiz 海外情勢ニュース(2015年8月6日)
http://www.sankeibiz.jp/macro/photos/150806/mcb1508060500004-p1.htm

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ