×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

三井不動産 バンコク分譲住宅事業戸数が9物件、8000戸へ

タイタグ:          

LINEで送る
Pocket

三井不動産 バンコク分譲住宅事業戸数が9物件、8000戸へ

三井不動産が、タイの首都バンコクでの分譲住宅事業をさらに拡大し、タイで現在推進中の4物件に加えて、共同事業者となる地元有力デベロッパー「アナンダ社」とのパートナーシップにより、新たに5物件(計約4,200戸)の事業推進を合意し、うち2物件について販売を開始いたしました。
当該5物件の開発により、三井不動産のバンコクでの分譲住宅事業戸数は8,000戸を超えることになります。

新たに事業参画を決定した5物件は、バンコク中心部ペッチャブリ地区とシーロム地区、バンコク南東部バンナー地区、バンコク北西部バンスー地区、バンコク西部タープラ地区にそれぞれ位置し、いずれもバンコク中心地から10km圏内の物件で、2015年~2016年初頭にかけて着工、2017~2018年に竣工予定となっています。

このうちペッチャブリ地区に位置する「Qチットロム・ペッチャブリ」、とバンナー地区に位置する「イデオ O2(オーツー)」について、販売が開始されました。

●Q Chidlom-Petchaburi(Qチットロム・ペッチャブリ):40階建352戸(予定)
バンコクの主要商業エリアであるラチャプソン商業エリアやサイアム商業エリアに近接する生活利便性の高い立地で、計画地から最寄りのBTS(高架鉄道)チットロム駅までのエリアはバンコクでも有数の高級住宅街として知られています。
屋上庭園やスカイプールなど多数の共用施設が計画されています。

●Ideo O2(イデオ O2(オーツー)):34階建1,559戸(予定)
バンコク南東部バンナーに位置し、スワンナプーム国際空港から中心部に向かう際の玄関口であり、高架鉄道の延伸やバンコク国際展示場の開業をはじめとした開発の進展により、将来性が注目される立地です。
商品企画は23,811m2の敷地を活かし、大規模なガーデンやプールなどの共用施設、建物基壇部に商業区画をそれぞれ設け、高い居住性能と生活利便性を目指しています。

バンコクの不動産市場は長期間安定的に成長を続けてきており、中間所得層の人口が増加していることから強い住宅需要が見込まれています。

三井不動産はバンコクにおいて、今回の5物件の開発を共同で行う「アナンダ社」と、既に「イデオQチュラサムヤーン」など計4物件、合計約4,100戸のマンション事業を既に推進中で、いずれも好調に進捗しています。
「アナンダ社」はマンションの販売においてバンコクで2位、タイ全国で3位(いずれも2014年実績)の有力デベロッパーです。

尚、三井不動産は2015年5月に公表した2017年度までのグループ中期経営計画「イノベーション2017ステージⅡ」で、計画期間中に欧米・アジアにおいて約5,500億円の投資を行うことを発表しています。

20150810_03b

三井不動産 ニュースリリース(2015年8月12日)
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2015/0812/index.html

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ