×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

レオパレス21 シラチャでサービスアパートメント事業に参入

タイタグ:          

LINEで送る
Pocket

レオパレス21 シラチャでサービスアパートメント事業に参入

レオパレス21は、タイ東部チョンブリ県シラチャで築3年の8階建の物件「STELLAR Residence(ステラーレジデンス)」を購入し、2015年10月6日よりサービスアパートメントとして運営を開始しました。

部屋数はスタジオタイプ(44平方メートル)21戸、1ベッドルーム(68平方メートル)44戸、2ベッドルーム(104平方メートル)7戸で、合計72部屋で構成され、既に入居率は100%と、ほぼ日系企業の駐在員が占め、家賃は月額4万~7万バーツ(約13万~23万円)との事です。

周辺には日系企業が多く進出する工業団地が集積し、徒歩圏内には日本語対応が可能なパタヤイ病院やロビンソン百貨店、日本食レストランなどが点在している利便性の高い立地です。

また、レオパレス21は、海外14拠点目となるシラチャ支店も開設し、シラチャ周辺地区で日系企業向けオフィス・住宅の賃貸物件紹介業と共に、訪日予定のタイ人留学生や就労者に対しては、日本国内の物件案内サービスを提供していくとの事です。

シラチャでは、2015年9月に進出を発表したアパマンショップに続く、今回のレオパレス21の進出により、日系企業の進出が増加するシラチャで拡大している日本人駐在員向けの住宅環境の改善が、より期待できそうです。

参考:レオパレス21タイランド お知らせ(2015年10月07日)

http://leopalace21-th.com/news/%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%B921%E5%88%9D%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%92/

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ