×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

バンコク 2015年第3四半期のオフィス賃料が前年比4%上昇

タイタグ:      

LINEで送る
Pocket

バンコク 2015年第3四半期のオフィス賃料が前年比4%上昇

米系不動産仲介会社のCBREタイランドが、四半期毎に発表している「タイの首都バンコク不動産に関する報告書」によると、中央ビジネス区(CBD)における最上級オフィス(グレードA)の1平米当たりの月額賃料が、2015年第3四半期(7~9月)に前年同期比4.1%増の880バーツ(約3,010円)となったとのことです。
新規供給が少なく需要も鈍い中、緩やかな上昇基調が続いています。

バンコクのオフィス賃料の上昇率をみると、CBD以外のグレードAが10.1%増(700バーツ/平米)と最も上昇率が高く、CBD以外のグレードBが9.4%増(604バーツ/平米)、CBDのグレードBが6.7%増(650バーツ/平米)と続いています。

2015年第3四半期に完成したビルはなく、9月末時点のバンコク全体のオフィス総供給面積は840万平米と前年同期からは1.5%増加し、総需要は2.4%増の766万平米で、入居率は0.5%増の91.2%となったとのことです。

2017年末までには、計37万4,000平米の新規供給が予定されており、総供給は880万平米になる見通しです。

CBREタイランドは、入居率は高止まりしているものの景気低迷で足元の需要が鈍いため、当面は賃料の上昇圧力が弱い状態が続くと見込んでいます。

 参考:CBREタイランド バンコクリポート(2015年12月1日)
「Bangkok Office MarketView Q3 2015」
http://www.cbre.co.th/ja/ResearchCentre/Research/Bangkok-Office-MarketView-Q3-2015

人気記事

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

IMF世界経済見通しの改訂

不動産投資ニュース

IMF世界経済見通しの改訂

1月16日にIMFの世界経済見通しが改訂されました。アメリカの新政権の政策スタン ...

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

カンボジア

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

2月15日にカンボジアのトイ・チャンコサル公共事業運輸省長官と末松国土交通副大臣 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ