×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

バンコク首都圏のコンドミニアム、2015年第4四半期は5.1%上昇

タイタグ:        

LINEで送る
Pocket

バンコク首都圏のコンドミニアム、2015年第4四半期は5.1%上昇

タイ政府住宅銀行のシンクタンクである「不動産情報センター」(REIC)によると、バンコク首都圏(バンコク、ノンタブリ、パトゥムタニ、サムットプラカン)の2015年第4四半期(10~12月)の不動産価格指数が前年同期比に対して改善したとの事です。

バンコク首都圏のコンドミニアムの価格指数は前年同期比で5.1%増となり、物件グレード別では、1平米当たり5万バーツ(約16万4000円)未満の物件が3.3%、5万~8万バーツ未満が4%、8万~12万バーツ未満が6%、12万バーツ以上の物件が4.9%上昇したとの事です。

地域別では、バンコクのスクンビット通り、パトゥムワン地区、トンブリ地区、ノンタブリ県の物件の上昇率が高かったようです。

また、一戸建て住宅の価格指数は前年同期比2.3%上昇、タウンハウス(低層集合住宅)は3%の上昇となりました。

参考:Real Estate Information Center  Real estate news(2016年1月6日)
http://www.reic.or.th/News/News_Detail.aspx?newsid=51054

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ