×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

バンコク首都圏のコンドミニアム、2015年第4四半期は5.1%上昇

タイタグ:        

LINEで送る
Pocket

バンコク首都圏のコンドミニアム、2015年第4四半期は5.1%上昇

タイ政府住宅銀行のシンクタンクである「不動産情報センター」(REIC)によると、バンコク首都圏(バンコク、ノンタブリ、パトゥムタニ、サムットプラカン)の2015年第4四半期(10~12月)の不動産価格指数が前年同期比に対して改善したとの事です。

バンコク首都圏のコンドミニアムの価格指数は前年同期比で5.1%増となり、物件グレード別では、1平米当たり5万バーツ(約16万4000円)未満の物件が3.3%、5万~8万バーツ未満が4%、8万~12万バーツ未満が6%、12万バーツ以上の物件が4.9%上昇したとの事です。

地域別では、バンコクのスクンビット通り、パトゥムワン地区、トンブリ地区、ノンタブリ県の物件の上昇率が高かったようです。

また、一戸建て住宅の価格指数は前年同期比2.3%上昇、タウンハウス(低層集合住宅)は3%の上昇となりました。

参考:Real Estate Information Center  Real estate news(2016年1月6日)
http://www.reic.or.th/News/News_Detail.aspx?newsid=51054

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ