×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

タイ 2015年の外国人旅行者が過去最高の2988万人

タイタグ:      

LINEで送る
Pocket

タイ 2015年の外国人旅行者が過去最高の2988万人

英系ホテル調査会社の「STRグローバル」によると、2015年のタイのホテルの平均客室稼働率は前年比13.6%増の73.4%となり、旅行者の増加に伴い観光業が回復しているとの事です。
ちなみに2015年12月の平均客室稼働率は77.4%となり、過去20年で最高水準となっています。

2015年にタイを訪れた外国人旅行者は過去最高の2988万人に達し、特に中国からの旅行者が急増し、ホテル需要が高まっています。
タイ政府は、2016年の外国人旅行者数は3000万人を超えると見込んでいます。

この旅行客の需要増を見込み、タイのホテル各社は設備拡大を加速させています。

英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループは、「ホテルインディゴ」ブランドのホテルを首都バンコクで2015年に開業したのに続き、観光地として人気の南部プーケットにも設置する見通しです。

また、米カールソン・レジドール・ホテル・グループは向こう1年半で、タイに6軒のホテルを新規開業する計画を発表しています。
同ホテルは2015年8月に首都バンコクで爆弾テロ事件があったにもかかわらず、客室稼働率が平均70%だったこともあり、更に成長を見込んでいます。

香港の不動産ファンド運用会社ガウ・キャピタル・パートナーズは、タイは今後さらに旅行者が増加しホテル需要が高まると予測されると共に、ホテルの運用コストが比較的低いことから、タイのホテル投資は魅力的な選択肢であるととの見解を示しています。

参考:SankeiBiz 海外情勢ニュース(2016年2月18日)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160218/mcb1602180500003-n1.htm

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ