×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2015年8月の米住宅建設業者指数、10年ぶりの高水準

アメリカタグ:          

LINEで送る
Pocket

2015年8月の米住宅建設業者指数、10年ぶりの高水準

全米住宅建設業者協会(NAHB)が2015年8月17日に発表した8月のNAHB/ウエルズ・ファーゴ住宅建設業者指数は、市場予測通りの61と、前月7月の60から上昇し、2005年11月(61)以来の高い水準となりました。

この指数は50が業況感の改善と悪化の分岐点となり、2014年6月以来50を上回って推移しています。

NAHBの首席エコノミストは「2015年は1戸建て住宅市場の勢いが徐々に増すとの我々の予想と一致する。年末にかけて、雇用創出や経済回復が住宅市場の緩やかな改善の原動力となるだろう」と分析しています。

構成指数では、一戸建て住宅の販売指数が66と、7月の65から上昇し、2005年11月以来の高水準となっています。

一戸建て住宅の向こう半年の販売指数は前月から横ばいの70を維持し、潜在的な住宅購入者の動きを示す指数は45と、7月の43から上昇し、2014年12月以来の高水準となっています。

参考:ロイター(2015年8月18日)
http://jp.reuters.com/article/2015/08/17/aug-us-home-builder-index-idJPKCN0QM1MU20150817?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=JP+Daily+Newsletter+2015-08-18&utm_term=JP+Daily+Mail

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ