×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

アパホテル 米国第1号ホテルのオープン決定

アメリカタグ:      

LINEで送る
Pocket

アパホテル 米国第1号ホテルのオープン決定

総合都市開発のアパグループが、米国ニュージャージー州を拠点に不動産投資を行う「フレンドウェルグループ」との戦略的業務提携により、合弁会社としてAPA HOTEL FRANCHISE LLCを設立し、米国内においてフランチャイズ方式で「アパホテル」ブランドのホテルを展開していくことを発表致しました。

アメリカ国内第一号ホテルとなる「APA HOTEL WOODBRIDGE」を2016年5月20日にグランドオープンさせた後、5年間で米国内で100ホテルを目指しており、第2号ホテルはニューヨークで検討しているとの事です。

「APA HOTEL WOODBRIDGE」はニューアーク空港から車で20分、最寄のMetropark駅からマンハッタンまで電車で30分と便利な場所に位置し、かつてはHilton Woodbridgeの名称で運営されていました。
200室の客室のほか、宴会場や会議室、レストラン、プールやフィットネスを持ち、アパホテルへブランド転換をするに当たり、客室にウォシュレットを設置するほか、フリーチェックアウトやハイグレードアメニティを導入、日本食レストランの開店も予定されており、アパカード会員は自社サイトから予約をして宿泊した場合にはアパポイントが付与されます。

1971年創業のアパグループは、1984年にホテル事業に参入して以来、現在347ホテル56,607室と日本最大の客室数となっています。
2015年11月期のグループ連結決算は売上高900億円、経常利益272億円を見込み、利益においてもホテル業界で日本最大規模となっています。

参考:APAグループ ニュースリリース(2015年11月13日)
https://www.apa.co.jp/newsrelease/3668

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ