×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ベトナム1人当りGDPの水準は、アジア諸国と比べ数十年の遅れ

ベトナムタグ:      

LINEで送る
Pocket

ベトナム1人当りGDPの水準は、アジア諸国と比べ数十年の遅れ

ベトナム統計総局のデータによると、1990~2014年におけるベトナムの国内総生産(GDP)は年平均6.9%増のペースで成長しているものの、2014年のGDPは1860億USD(約22兆5060億円)と、東南アジア諸国に比べると低い水準に留まっています。
ベトナムと比べて、インドネシアのGDPが4.8倍、タイが2倍、マレーシアが1.8倍、シンガポールが1.7倍、フィリピンが1.5倍となっています。

ベトナムは2008年に、1人当たりGDPが1145USD(約13万8545円)に達し中所得国となりました。
そして2014年には、1人当たりGDPは2052USD(約24万8292円)へと拡大しましたが、この数字は韓国の1982年、マレーシアの1988年、タイの1993年、インドネシアの2008年、フィリピンの2010年における水準に相当します。

中央経済管理研究所(CIEM)は、ベトナム経済の危機が高まっているとし、経済成長の質を向上させるべく、マクロ経済の安定化のみならず経済体制改革が急務との見解を示しています。

参考:VETOJO ベトナムニュース(2015年9月3日)
http://www.viet-jo.com/news/economy/150831085038-pic1.html

人気記事

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

IMF世界経済見通しの改訂

不動産投資ニュース

IMF世界経済見通しの改訂

1月16日にIMFの世界経済見通しが改訂されました。アメリカの新政権の政策スタン ...

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

カンボジア

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

2月15日にカンボジアのトイ・チャンコサル公共事業運輸省長官と末松国土交通副大臣 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ