×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

改正住宅法施行 ホーチミン市で地価が急騰

ベトナムタグ:        

LINEで送る
Pocket

改正住宅法施行 ホーチミン市で地価が急騰

ベトナムでは2015年7月の改正住宅法施行に伴い、早くも8月に入り地価が急上昇しているとの事です。

ホーチミン市東部に位置する9区、タンニョンフーB街区の2,000平米の土地が、2015年初には買い手がいなかったにもかかわらず、8月に入り2週間で2回も引き合いがあり、80億ドン(35万5,790米ドル、約4,270万円)の値が付きました。
土地の所有者も、何が起きているのか理解できないと驚いているとの事です。

不動産業者は9区の地価高騰の理由について、市都市鉄道(メトロ、地下鉄)・環状2号線・高速道路といった交通インフラや9区行政センターの整備、サイゴン・ハイテクパーク(SHTP)での「サムスンCEコンプレックス(SEHC)」の着工、隣接する2区の高級不動産案件の値上がりなどを挙げています。

また、あまりの急激な値上がりに、実際の需給とはかけ離れた土地投機の兆候が見られると指摘しています。

参考:VNエクスプレス プロパティニュース(2015年9月1日)
http://kinhdoanh.vnexpress.net/tin-tuc/bat-dong-san/dat-quan-9-tang-gia-chong-mat-3272813.html

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ