×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

改正住宅法施行 ホーチミン市で地価が急騰

ベトナムタグ:        

LINEで送る
Pocket

改正住宅法施行 ホーチミン市で地価が急騰

ベトナムでは2015年7月の改正住宅法施行に伴い、早くも8月に入り地価が急上昇しているとの事です。

ホーチミン市東部に位置する9区、タンニョンフーB街区の2,000平米の土地が、2015年初には買い手がいなかったにもかかわらず、8月に入り2週間で2回も引き合いがあり、80億ドン(35万5,790米ドル、約4,270万円)の値が付きました。
土地の所有者も、何が起きているのか理解できないと驚いているとの事です。

不動産業者は9区の地価高騰の理由について、市都市鉄道(メトロ、地下鉄)・環状2号線・高速道路といった交通インフラや9区行政センターの整備、サイゴン・ハイテクパーク(SHTP)での「サムスンCEコンプレックス(SEHC)」の着工、隣接する2区の高級不動産案件の値上がりなどを挙げています。

また、あまりの急激な値上がりに、実際の需給とはかけ離れた土地投機の兆候が見られると指摘しています。

参考:VNエクスプレス プロパティニュース(2015年9月1日)
http://kinhdoanh.vnexpress.net/tin-tuc/bat-dong-san/dat-quan-9-tang-gia-chong-mat-3272813.html

第6回世界の資産運用フェア

人気記事

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

ニュース

ビットコイン拡大~現金主義の日本人、財布を持たない中国人

「日本国内でビットコインが使える店舗は徐々に増え、26万店舗の大台を超えた」とい ...

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

ニュース

主催者が敢えて書く!今回の世界の資産運用フェアを見逃すと損する「3つの理由」

こんにちは!世界の資産運用フェアを主催している資産デザイン研究所の内藤忍です。手 ...

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

ニュース

AIが不動産取引にまで進出する日は来るのか?

マンションレビューを運営する(株)グルーヴ・アールが、独自開発をしたAIを用いて ...

> 人気記事をもっと見る

タグ