×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ホーチミン市 2020年の1人当たり域内総生産は9800ドル

ベトナムタグ:        

LINEで送る
Pocket

ホーチミン市 2020年の1人当たり域内総生産は9800ドル

第10回ホーチミン市共産党大会(2015年~2020年任期)の政治報告草案によると、ホーチミン市当局は2020年末までの5年間における名目域内総生産(GRDP)を年平均で8.0~8.5%成長させ、2020年末時点の1人当たりGRDPが9800USD(約118万円)に達することを目標に掲げています。

またホーチミン市は、今後5年間で東南アジア地域の経済・金融・商業・科学技術に関する一大中心地となり、「統治・行政・管理効果指数(PAPI)」「各省・都市競争力指数(PCI)」「行政改革指数(PAR)」で全国各省・市の中で上位トップ5に入ることを目指しています。

更に、都市インフラの整備に尽力していく方針で、2020年末までに、市内の全世帯が飲用に適した浄水の利用が可能になる見通しとなっています。

参考:VIETJO 経済ニュース(2015年9月11日)
http://www.viet-jo.com/news/economy/150910082233.html

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ