×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ホーチミン市 2020年の1人当たり域内総生産は9800ドル

ベトナムタグ:        

LINEで送る
Pocket

ホーチミン市 2020年の1人当たり域内総生産は9800ドル

第10回ホーチミン市共産党大会(2015年~2020年任期)の政治報告草案によると、ホーチミン市当局は2020年末までの5年間における名目域内総生産(GRDP)を年平均で8.0~8.5%成長させ、2020年末時点の1人当たりGRDPが9800USD(約118万円)に達することを目標に掲げています。

またホーチミン市は、今後5年間で東南アジア地域の経済・金融・商業・科学技術に関する一大中心地となり、「統治・行政・管理効果指数(PAPI)」「各省・都市競争力指数(PCI)」「行政改革指数(PAR)」で全国各省・市の中で上位トップ5に入ることを目指しています。

更に、都市インフラの整備に尽力していく方針で、2020年末までに、市内の全世帯が飲用に適した浄水の利用が可能になる見通しとなっています。

参考:VIETJO 経済ニュース(2015年9月11日)
http://www.viet-jo.com/news/economy/150910082233.html

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ