×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

サンケイビル、ハノイで不動産管理事業に参入

ベトナムタグ:      

LINEで送る
Pocket

サンケイビル、ハノイで不動産管理事業に参入

オフィスビル管理会社のサンケイビルが、ベトナムの現地不動産関連企業3社と合弁で現地法人を設立し、首都ハノイに進出しました。サンケイビルグループで念願だった海外進出を果たしました。

サンケイビルは、ベトナムにおいて、今後益々、建物管理の重要性が高まると考え、特にビルマネジメントの管理設計ノウハウや管理員・清掃員等への教育研修ノウハウ等を活かした日本流のきめ細かなサービスを提供する事で、不動産管理業及び不動産コンサルティング業への参入が可能と判断し、現地不動産デベロッパーのViglacera(ヴィグラセラ)社、不動産投資会社のHoang Thanh(ホアンタン)社、総合コンサル会社のOWI(オーウィー)社と提携したとの事です。

当初はビグラセラなどが保有する高級マンションや工業団地、オフィスビルなど計11物件の管理から開始し、将来的には他社も含めた大規模都市開発地域にて不動産管理業務サービスの提供を予定しているとの事です。

参考:サンケイビル プレスリリース(2015年9月29日)
http://www.sankeibldg.co.jp/files/news/150929visaho.pdf

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ