×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ベトナム ベビー用品市場が拡大

ベトナムタグ:      

LINEで送る
Pocket

ベトナム ベビー用品市場が拡大

米調査会社ニールセンによると、ベトナムは1歳未満の子供がいる世帯が調査対象の12%、1~2歳児がいる世帯が19%といずれも東南アジア平均の10%、12%、世界平均の5%、9%を大きく上回り、今後、ベビー用品市場の拡大が見込まれるとの事です。

今回のニールセンの調査は2015年2~3月にかけて、世界60カ国で過去5年以内にベビー用品を購入した消費者を対象に実施され、子供の年齢層や、ベビー用品を選ぶ際に重視する点などの購買傾向を調査しています。

調査の結果、ベトナムは2歳児以下のいる世帯割合が31%と人口増加が続く東南アジアで最も高水準となっており、2位のフィリピンの22%を大幅に上回っていました。

また、ベトナムで子供向け娯楽教育施設の運営を手がける「Nキッドコーポレーション」が2013年に発表した調査結果によると、2013年の12歳以下の人口は2080万人で、子供向け商品・サービス分野の市場規模は52億ドル(現レートで6234億円)だったとの事です。

参考:SankeiBiz 海外情勢ニュース(2015年10月1日)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/151001/mcb1510010500015-n1.htm

人気記事

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

不動産投資ニュース

阪急不動産、タイで分譲マンション事業に進出

阪急不動産株式会社は、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメント(セナ社) ...

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

ニュース

三井物産、米国大手不動産アセットマネジメント会社CIM社へ出資

三井物産は、米国に新設した特別目的会社(SPC)を通じ、米国大手不動産アセットマ ...

IMF世界経済見通しの改訂

不動産投資ニュース

IMF世界経済見通しの改訂

1月16日にIMFの世界経済見通しが改訂されました。アメリカの新政権の政策スタン ...

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

カンボジア

カンボジア公共事業運輸省と国土交通省が協力覚書締結

2月15日にカンボジアのトイ・チャンコサル公共事業運輸省長官と末松国土交通副大臣 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ