×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ベトナム 2020年の1人当たりGDP、3500USDへ増加見通し

ベトナムタグ:        

LINEで送る
Pocket

ベトナム 2020年の1人当たりGDP、3500USDへ増加見通し

2015年12月5日に開催されました「ベトナム開発パートナーシップフォーラム(VDPF)」にて、ベトナム計画投資大臣が、ベトナムの国内総生産(GDP)成長率は2011~2015年は6%未満に留まりましたが、2020年までの5年間は年平均6.5~7.0%の成長に加速するとの見通しを示しました。

これにより、2020年の国民1人当たりのGDPは、現在の2200USDから1000USD増加し、3200~3500USDに達する見通しとなりました。

また、2015年のGDPは前年比6.2%増の2040億USDとなり、1人当たりのGDPは2228USDに達するとの予想を示しました。

ベトナム政府は今後5年の目標達成に向けて、体制改革、人材開発、インフラ整備の3つに重点を置き注力する方針で、企業の構造改革や公共債務の安全性を確保し、金融市場の再編やビジネス環境の改善に集中していくとしています。

参考:VIETJO 経済ニュース(2015年12月8日)
http://www.viet-jo.com/news/economy/151207055836-pic1.html

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ