×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

世銀予測 ベトナム 今後5年間で年平均37.4万戸の住宅不足

ベトナムタグ:        

LINEで送る
Pocket

世銀予測 ベトナム 今後5年間で年平均37.4万戸の住宅不足

世界銀行は、2040年にベトナムの都市部の人口比率が総人口の5割を占めるようになり、各都市部で住宅需要が増加するとの見方を示しました。
ベトナムにおける都市部の世帯数は、2015年の830万世帯から2020年に1010万世帯へと増加する見込みで、今後5年間で年平均37万4000戸の住宅が不足すると予想されています。

ベトナムでは急速な都市化と人口増加により経済成長が続く一方で、良質で適正な価格の住宅が不足しています。
一方で、ベトナムの2420万世帯の2割にあたる480万世帯が貧困状態にあり、経済的に困難な条件のもとで暮らしている現状を受け、適正価格での住宅供給を国家発展目標に掲げるべきと指摘しています。

参考:VIETJO 社会ニュース(2015年12月17日)
http://www.viet-jo.com/news/social/151215062401.html

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ