×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2015年 ホーチミンの新築分譲コンドミニアム成約数は前年比2倍

ベトナムタグ:          

LINEで送る
Pocket

2015年 ホーチミンの新築分譲コンドミニアム成約数は前年比2倍

不動産仲介大手「CBリチャードエリス(CBRE)ベトナム」によると、ホーチミン市における2015年の新築分譲コンドミニアム成約戸数が大幅に増加しているとの事です。

2015年はホーチミン市にて、新規に78プロジェクトが導入され、新築分譲コンドミニアム供給戸数は、前年の2.2倍にあたる4万1787戸でした。
うち、47%が都市鉄道が通過する2区及び9区の物件、27%が7区(サイゴンサウス)の物件となっています。

新築分譲マンション成約戸数は前年比98%増の3万6160戸となっており、2015年第4四半期の成約戸数は、前期比28%増の1万340戸と、2015年通年の成約戸数の約3割を占めています。

また、1戸当たりの平均販売価格は前年比4.4%上昇しており、うち高級コンドミニアムの販売価格は前年比10~15%上昇したとの事です。

2016年の新築分譲コンドミニアム供給戸数は、前年比で8%増えると予想されており、そのうち高級コンドミニアムが前年比20%と大きく増加する見通しとの事です。

参考:CBRE Vietnam プレスリリース(2016年1月5日)
http://www.cbrevietnam.com/Vietnam-Property/pressrelease/cbre-releases-q4-2015-quarterly-report-highlights-for-ho-chi-minh-city-market

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ