×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ベトナム不動産市場 2016年も好調予測

ベトナムタグ:        

LINEで送る
Pocket

ベトナム不動産市場 2016年も好調予測

総合不動産サービス会社「サヴィルズ・ベトナム」によると、2016年のベトナムの不動産市場は全般的に楽観できるとの事です。

住宅市場については、都市化と核家族化により引き続き需要が旺盛で、住宅を求める中流家庭が長期的に増加するとみています。

別荘や観光リゾート、ホテル市場も成長しており、2016年はハロン湾(北部クアンニン省)や中部ダナン市、ニャチャン(中南部カインホア省)、フーコック島(南部キエンザン省)など、全国で国際水準のホテルが多く開業する見込みとの事です。

賃貸オフィスについては、ホーチミン市で需要が拡大しており、数年後には不足する可能性があるため、賃貸料は上昇する見込みです。
一方、ハノイ市でも、需給状況が改善されています。

サヴィルズ・ベトナムの代表は、「非常に多くの外国投資家がベトナムの不動産市場に関心を寄せており、この傾向は2016年から2017年にかけても続く」との見解を示しています。

参考:Savills ベトナムニュース(2016年2月26日)
http://www.savills.com.vn/_news/article/31256/142719-0/02/2016/vietnamese-property-market-to-outperform-in-2016

第5回 世界の資産運用フェア

人気記事

第5回 世界の資産運用フェア

イベント情報

第5回 世界の資産運用フェア

2017年3月18日(土) に大手町サンケイプラザで「第5回 世界の資産運用フェ ...

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

フィリピン

マニラ人口 2030年に3割増の2,940万人へ

英経済誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット( ...

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン

フィリピン住宅価格 2016年Q2は前年比11.3%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)は、2016年第2四半期(4~6月)の住宅不動産価格 ...

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン

フィリピン 世帯年収上昇、貧困率が過去最低水準へ

フィリピン統計庁(PSA)が発表した「2015年の家計調査(FIES)」によると ...

> 人気記事をもっと見る

タグ