×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

西鉄と阪急不動産 ホーチミンで分譲マンション事業に進出

ベトナムタグ:      

LINEで送る
Pocket

西鉄と阪急不動産 ホーチミンで分譲マンション事業に進出

阪急不動産と西日本鉄道が、両社共に海外分譲マンション事業の初の試みとして、ベトナム南部の大手デベロッパーのナムロン投資(NLG)が進めている分譲マンション事業への参画を発表致しました。

プロジェクトの名称は「フローラ・アンダオ(FLORA-ANHDAO)」(アンダオはベトナム語で「桜」の意味)」で、ベトナムのアッパーミドル層を主なターゲットとして、手が届く価格で、緑豊かで、品質に優れた住環境を提供するとの事です。
計画地はホーチミン市中心街から約10kmに位置し、敷地面積11,236㎡、総戸数500戸で、2016年7月に完成予定です。

当該物件が立地するホーチミン市9区は、多くの大学が集積すると共に、工業団地が立地するエリアで、ホーチミン市中心街から車で15分、また近年急速に開発が進んでいる2区からも5分の距離にあります。
さらに、周辺エリアでは、ホーチミン市都市鉄道の整備が日本の支援によって進められており、将来的に利便性が高まることが見込まれています。

人口増加や経済成長が続くベトナムで最大の都市・ホーチミン市の人口は約 800 万人に迫り、若い世代の住宅需要が高まっており、ナムロン投資は、この若い世代の層をターゲットにした価格帯のマンションを展開しているとの事です。

参考:阪急阪神ホールディングス プレスリリース(2016年3月24日)
http://www.hankyurealty.jp/data/pdf/2_136.pdf

第5回世界の資産運用フェア

人気記事

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

お知らせ

「第5回 世界の資産運用フェア」開催レポート

3月18日(土)、大手町サンケイプラザの大ホールにて「第5回 世界の資産運用フェ ...

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

ニュース

不動産投資利回り、有楽町線沿線で7%台は「平和台駅」のみ

「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社から、同サイトに登録された新規物件 ...

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

ニュース

2017年度、生保マネーが不動産・インフラ関連などに運用対象拡大

2017/4/27付日本経済新聞朝刊によると、同紙が主要10生保を対象に17年度 ...

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

ニュース

フランス不動産、2017年も続く2016年の絶好調市況

2016年はフランスの不動産市場にとって、 とても良い思い出となる年でした。”住 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ